難病女子の心の裏側日記

心の裏側全部出します。人生悩むこといっぱい!でも楽しいこともいっぱい!

色んな意味で忘れられない男の話。【結婚中期 DVの始まり編】

 

こんにちは、木ノ下コノキです。

 

 今日はシリーズ3回目。結婚中期のお話です。前回、前々回の話はこちらです。

1週間のボイコット。

実は料理だけじゃなくて、すべての家事をボイコットしたんですよね。しかも、優先順位を仕事に切り替えて。この頃はスーパーのレジから、洋服屋(ネットショップ担当)に転職しています。

 

そうしたことで、彼から怒鳴られることも多くなっていきます。たった1週間のボイコットですが、今まで積み上げてきた妻としての信頼(元からなかったかもしれませんが)が一気に崩れたようでした。

 

そして、彼のDVが始まります。

 精神的、経済的DVの始まり。精神的、経済的DVって?

f:id:kinoshitakonoki:20170924100653j:plain

DVって聞くと、「殴る蹴るの暴行」だけを想像しますよね?私もそうでした。

 

結婚中期に入ると彼からの、この精神的、経済的暴力が始まります。

 

私も、何年もの間、そういうDVが存在することすら知りませんでした。「それってDVかも」って友達に言われて初めて、調べてその存在を知りました。

 

まずはDVとはどんな事があるのか、という所から詳しく見ていきましょうか。

DV

ドメスティック・バイオレンス(DV)は、直訳すると「domestic=家庭内の」「violence=暴力」となり、夫から妻、妻から夫、親から子、子から親、きょうだい間の暴力など、家庭内の様々な形態の暴力と考えることができますが、最近では「配偶者等からの暴力」という捉え方が一般的になってきています。配偶者等には、事実婚、生活の本拠を共にする交際相手(いわゆる同棲相手)、また離婚した者(事実上の離婚を含む)も含まれます。

DVの種類

DVは、大きく分けて身体的暴力精神的暴力経済的暴力性的暴力子供を巻き込んだ暴力の5種類の暴力があります。

 

身体的暴力・・・小突く、殴る、蹴る、殴るふりをする、包丁を突きつける、物を投げつける、髪を引っ張り引きずり回す、タバコの火を押し付ける、首を絞める、階段から突き落とす
精神的暴力・・・何でも従えと言う、発言権を与えない、交友関係や電話の内容を細かく監視する、外出を禁止する、何を言っても無視する、人前で侮辱する、大事な物を捨てる・壊す、罵詈雑言を浴びせる、夜通し説教して眠らせない
経済的暴力・・・生活費を渡さない、仕事などを妨害する、洋服などを買わせない、家庭の収入について何も教えない、家計を厳しく管理する
性的暴力・・・見たくないのにポルノ映像を見せる、脅しや暴力的な性行為、避妊に協力しない、中絶の強要、子供が出来ないことを一方的に非難する、性行為の強要
子供を巻き込んだ暴力・・・子供に暴力を見せる、子供を危険な目に遭わせる、子供を取り上げる、自分の言いたいことを子供に言わせる、子供に暴力をふるうと脅す

主にこういうことがDVとされることです。

 

結構、こういったことで悩んだりしている方、意外と多いと思うんです。私の知り合いにも精神的、性的暴力に遭ってシェルターに逃げ込んだ人とかいますし。

 

ウチは、精神的暴力の「なんでも従えと言う」「発言権を与えない」「何を言っても無視する」「人前で侮辱する」「大事な物を捨てる、壊す」「罵言雑言を浴びせる」「夜通し説教して眠らせない」の7つと、経済的暴力の「生活費を渡さない」「仕事などを妨害する」「家庭の収入について何も教えない」「家計を厳しく管理する」の4つの計11個の暴力がありました。

 

一番きつかったのは「生活費を渡さない」ことですかね。結婚する前から決めていた「コノキの給料はすべて貯金に回す」ということが途中から出来なくなりました。

 

それどころか、彼の保険料や年金などの支払いをすべて私にさせるようになり、入ってくるものはすべて彼が管理するというようなやり方だったので、彼に何度も言うのですが変えてくれず、生活が大変でした。

 

スポンサーリンク

「コノキみたいなのが母親だと可哀想」という言葉。

【結婚初期編】でコノキは流産を経験していますが、このことを結構な頻度で言われることがありました。1週間のボイコットをキッカケに「コノキは何かあるとすぐに家事・育児を放棄する」というイメージがついたのでしょうね。彼の中で。

 

「あの時、本当に子供が生まれなくて良かった」

「コノキが母親だったら生まれてきた子供が可哀想」

 

事あるごとに言われると精神的ダメージが半端ない。もしあの時の子が生まれていて、私が本当に育児放棄するような人だったなら、言われても仕方ないのだけど。

「子供は欲しいけど、コノキとの子は欲しくない」を言われたとき、もう結婚を継続している意味はあるのかと本気で考えだした。

 

この頃は、暴言がすごかったし、夜中にも怒鳴られて謝っても許して貰えず、眠いのに眠らせて貰えなかった。もう精神状態は訳分からなくて、毎日何に謝っているのかも分からなくなっていく。

両耳が聴こえなくなった問題

f:id:kinoshitakonoki:20170827142336j:plain

 ストレスのせいでしょう。

 

ある時、急に耳が聴こえなくなりました。初めは左耳。回転するような目眩が頻発して起こるため、耳鼻科へ。突発性難聴と言われ通院を繰り返すも、悪化するばかりで治らないので、別の病院へ行くと「メニエール病」と診断される。これは、強いストレス、睡眠不足、疲労などが原因で起こる病気です。

 

その後も繰り返される、精神的DV。終いには両耳が聴こえなくなり、目眩も酷くなり会社の倉庫で気を失う。仕事も続けられなくなり、楽しかった仕事も辞めることになります。(唯一、仕事場が安らぎの場でした)

 

彼が帰る時間に体調悪くて寝ていると「仕事もしてないのに寝てばかりで何やってるんだ!」「こっちは疲れて帰っているのに夕飯がないとか何考えてるんだ!」と言われ続けます。聴こえなくなったとは言え、無音な訳じゃないので、言われていることは分かります。

 

具合悪くてもどうにか料理を終え、掃除など家事をこなし、目眩が起きて倒れても心配するどころか気にもされず、汚いものを見るかのような目で見てきたりします。

 

病院に行っても特に症状が変わる訳じゃないので(症状が悪化しないようにする薬を飲んでいました)、彼には「薬代が高いんだから、もう病院に行かなくていい」と言われ、最初のうちは病院に連れていってくれていたのもなくなりました。一人では行けないので、行く時はタクシーを使うしかありませんでした。行ったのがバレると、タクシー代のことで文句言われ、そのうち病院にも行けなくなります。

 

そのくせ、私が聞こえないことで電話など出来ないため、彼にとって面倒なことが増えたことで「もう本当に面倒だから早く治せ」って言われるようになります。

 

 早くこの状態から抜け出さないと大変なことになる

と、思い始めます。

 

スポンサーリンク

外に出て、人と話すって大事なこと

f:id:kinoshitakonoki:20170924142834j:plain

 先週のTBSの「ゲンキの時間」でもやっていましたが、元気で長生きしているおじいさん、おばあさんに密着することによってあることが分かります。何歳になっても新しいことに挑戦すること、仲間と沢山話すこと。

健康カプセル!ゲンキの時間 | CBCテレビ | 日曜 午前7:00

 

家に籠っていても良いことなし!

 

色んな意味でこの旦那とはもう終わりにしようと思い始め、行動を始めます。

 

「病は気から」とは良く言ったもので、彼のことを流すようになったら気が少しだけ楽になって行きました。そして友達との交流。毎日あった目眩も数日に一回と減っていったし、今まで抱えていた問題を人に話すことで気持ちも楽になって行きました。

 

この時に散々話を聞いてくれて、遊びに連れ出してくれた友達には感謝。少しずつ回復していったこともあり、まだ万全ではないけれど、旦那に「少しだけ仕事をしたい」と相談し、ここでネカフェの店員になります。

 

この時、左耳は聞こえないままだけど、右耳はほぼ回復。めまいはほぼ無くなっていたので、接客業に就く。一度やってみたかった仕事だったから、何事も挑戦。

 

スタッフ皆仲良かったし、お客さんも面白かったし、毎日が楽しくてここに入ってから、本当に自分でも驚くほどに回復が早かった。もちろん、旦那には色々諦めていたので、家のことも仕事と割り切って(お金貰えないけど(笑))徹底してやるようになったら少しだけ暴言が減って行きます。

 

ずっと無くなっていた自信が、また少しずつ復活していく。

 

 

今回の感想

書いていて、暗くなりますね、こういう話は。

心の中で、ずっとこの話だけはなかなか書き出すことが出来なくて、「色んな意味で忘れられない男の話」シリーズは下書き(ある程度の流れだけ書いといた)のまま放置されていたのですが、ようやく日の目を見ることとなりました。

 

「殴る蹴るだけが暴力(DV)ではない」ことだけでも、誰かに伝われば良いな、と思って書いています。それを知ることだけでも違うと思うのです。

 

次回最終回となります。

 

長くて長くて飽きてしまいますよね。スミマセン、もう少しお付き合いください。

 

では。

 

スポンサーリンク