難病女子の心の裏側日記

心の裏側全部出します。人生悩むこといっぱい!でも楽しいこともいっぱい!

「幽体の通り道」の話。

こんにちは、木ノ下コノキです。

 

一気に涼しくなりましたね。残暑厳しくないのかな?今年は。

 

もう9月になってしまいましたが、まだまだこの手の話を続けたいと思います。

 

今日は、幽体の通り道の話をしたいと思います。

f:id:kinoshitakonoki:20170901151705j:plain

私の周りでは、本当によく霊たちが姿を見せます。

 

特に私の部屋には、毎日毎日色んな幽体が行き交っています。

 

押入れからこっちを見つめるおじいさん。

 

部屋の隅っこに佇む髪の長い女性。

 

十数本、壁から出ている腕だけの霊。

 

時々のしかかってくるおばあさん。

 

首を締めてくる霊。

 

私を引っ張り出す(幽体離脱)霊。

 

声だけで訴え掛けてくる霊たちもいます。

 

 

こういったことがあまりにも多いので、友人のおじいちゃん(祈祷師さん)に相談をして見てもらったら、私の部屋自体が幽体の通り道なんだということが分かりました。

 

あまりにも危ないので、霊体が寄り付かない方法を教えてくれるというので実践してみました。

 

「窓に盛り塩と水を置く」という簡単なものだったので、しばらく続けていました。

 

やっている間は効いていたような気もします。

 

が、途中でやめてしまったので、20歳で家を出るまで、それなりに出てきていたと思います。

 

引っ越した先々でも度々出ていた所から見ても、私自体、ついて来やすい体質なのかな?とも思います。

 

今の実家は建て替えしてあるけど、部屋の場所的には以前と同じような場所。

 

ただ、以前は南と西に窓があったけど、今は北と西。

 

以前よりは全然見ない方だから、通り道では無くなった?のかなーと勝手に思っています。

 

もし自分の部屋であまりに多い霊体験する方がいらっしゃいましたら、一度相談してみるのも良いかも知れません。

 

私は、友人のおじいちゃんだった(しかも自分高校生だった)ので、特にお金とか関わって来なかったけど、普通は何かしら渡すのかな?

後からお礼としてお菓子の詰め合わせとか渡した記憶があるけど。

 

スポンサーリンク