難病女子の心の裏側日記

心の裏側全部出します。人生悩むこといっぱい!でも楽しいこともいっぱい!

「天井に浮かぶ不思議な顔」の話。

こんにちは、木ノ下コノキです。

 

今日は、高校生の時の不思議な体験について話をしたいと思います。

 

f:id:kinoshitakonoki:20170815095546j:plain

高校入学した年の夏の日のことでした。

 

仲良くなった一人の友達の家に7人で泊まりに行きました。

その夜は夜更かしして皆とお喋り。

 

クラスの話、恋バナに花を咲かせている中、私ひとり急な眠気に襲われ

 

「先に寝る」と一つのベッドを借り、横になりました。

 

しかし、あんなに眠いはずだったのに、眠れません。

 

それどころか、妙に頭が冴えています。

 

と同時に突然の金縛り。

 

誰かに言いたくても、体も動かなければ声も出ません。

 

皆が近くで喋っているのが見えるのに、誰の声も聞こえません。

 

ふと気配を感じ真上(天井)を見ると、そこには歳は50歳くらいでしょうか、超特大なおじさんの顔が...。

 

なんだかものすごく悲しそうな顔をしています。

 

怖いというよりは、この人誰だろう。なぜそんなに悲しそうなの?て気になっていました。

 

その後、おじさんはフッと消え、金縛りも解けました。

 

あれからどれくらい時間が経っていたのか分かりませんが、気付いたら他の皆も眠っていました。

 

その後、その家の友達にだけその話(おじさんの特徴など詳細も交えて)をしたら、後日、友達からこんな話を聞きました。

 

友達の伯父さん(母の兄)が亡くなった、と。

 

私の見たその時間くらいだそうです。

 

私の眠っていた場所は普段、友達の母親の使っていたベッド。

 

「もしかしたら、お母さんに挨拶に来たのかな?」って言っていました。

 

伝えに来たら私が寝てて、ゴメンナサイ。。。

 

スポンサーリンク