難病女子の心の裏側日記

心の裏側全部出します。人生悩むこといっぱい!でも楽しいこともいっぱい!

過去に3回もストーカーに遭った話。【CASE2】

こんばんは、木ノ下コノキです。

 

今回は結果ストーカーにはなったけど、始まりは別の犯罪のお話です。

 

【CASE2】少女好きな男     

f:id:kinoshitakonoki:20170811112452j:plain

前回、あんなことがあったのにも関わらず、懲りずにネットで知り合う私。

 

相手は老人ホームなど介護系の施設をいくつも設立している会社の社長さん(以下S)です。

 

今では当たり前になっている、「初対面は二人になるような場所に行かない」「相手の車に乗らない」ですが、危機感は全く無い私にはこの2つの両方を普通にしていました。

 

この日は、自分ちの近所に迎えに来てくれるというので歩いてその場所に行きました。

 

相手がすぐに気付いてくれたので、相手の車に乗り込みました。

 

「思った通りの人だ」となんだか笑顔で相手は楽しそうでした。

 

Sは、「今日はどうしても連れていきたい場所があるんだ。」と言って車を走らせました。「何処に行くの?」と聞いても、「まだ内緒」と言って何も教えてはくれません。

 

途中で高速に乗りました。ちょっと不安になり、「何処に向かっているの?」と聞いても「内緒」と言われ、途中で県境を通り過ぎました。

f:id:kinoshitakonoki:20170811114924j:plain

 何処に連れて行かれるのだろう...。

 

しばらく走って、とある住宅街に入って行きました。

 

ある一軒家の前で車は止められ「ここ俺んち」と言って駐車場に入りました。

 

「え?家に来るとか聞いてない...」この日の約束では、「ちょっとお茶しよう」という話で、だから気軽に会った。

 

「うちの方が落ち着くから」

そう言って、家の中に入ろうとするから、私は玄関の前で躊躇して「帰りたい」そう言った。

 

「ここまで来たのに帰るの無理だよ」

「ほら、人に見られたら困るし、早く入ろう」

 

半ば強引に家の中に入れられ、リビングに通された。

一人暮らしには、無駄に広い部屋。

生活感が出まくりのその部屋は物に溢れ、ゴミが溜まり、何か異様な空気が漂っていた。

 

「そこに座って」

言われるままに、リビングのやはり無駄に大きなテーブルの椅子に座った。

 

「去年、離婚しちゃってねー、この有様だよ(笑)」

 

「ちょっとさ、今から仕事しちゃうからここで絵描いてて。」て、紙とペンを渡された。当時私は某SNSでイラストを載せていて、Sは「ファンだ」と言ってくれていた一人だった。

 

 

コーヒーだけ入れて、Sは何やらPCで仕事をし出し、時々こちらに話を振ってはまたPCに戻っていった。

 

 

その間、ものすごく暇だったので入れて貰ったコーヒーを飲みながら女の子の絵を描いていた。

 

それを見たSは「何それ可愛い!その子にスク水(スクール水着)着せてもいい?」と言うので描いてみた。Sは大興奮して、急にこんな話をしてきた。

 

「俺、小学3年生くらいが一番好きなんだよねー」

 

「娘もソレくらいなのにヤバイよね(笑)」

 

 

なにこの人ヤバイ人?

 

 

ん?あれ?眠い.........。

f:id:kinoshitakonoki:20170811152814j:plain

 あれ...?私何していたんだっけ。

 

目を覚ますとそこはさっきまでいたリビングとは違う部屋でした。

 

 

あれ?手が動かない。

 

手錠(おもちゃ?)でベッドに繋がれているようです。

 

周りを見渡すと、ロリータ系のHな本(雑誌や漫画なども)が山積みになっていました。

 

あれ?私...自分をよく見たら、体操着(上は半袖、下はブルマー)を着ているではないか!なにこれ

 

と思っていると、Sが部屋に入って来ました。

 

「起きたかい?もう大変だったんだよ着替えさせるの」

 

「もうちょっと胸がペタンコだったら良かったんだけどねー」

 

と言いながら、私の靴下を片方だけ脱がせ満足そうに体を触り始めました。

 

 

※この先のことは、このブログごと消されてしまいそうなので、書くのを控えさせて頂きます。大体何があったかはご想像におまかせします。

 

 

まあ、一通り色んなことがあった後、私はしばらくこの家に監禁されます。

 

 

あの時、車に乗らなければ

 

あの時、家に入らなければ

 

あの時、コーヒーを飲まなければ

 

もう「あの時...」と後悔しても仕方ないのに。

 

 

 

監禁が4日目くらいになった頃、

どうにか帰りたかった私は、そう言えば明日、人と会う約束があったことを思い出して

「明日、人と会うから家に帰して!」と言ってみた。

 

答えはNOだったけど「私のアパートに来るから家に私が居なかったら不審に思って警察に行くかも知れない」と言ったら、表情が何か変わって「それなら仕方ない」とその夜、自宅に帰してくれた。(実際に自宅に送ってもらった訳ではない)

 

本当はこの時、警察に行けば良かったのよね。

だけど、帰れた安心感と思い出したくない恐怖から、このことは忘れようって一人の友達にしか言ってない。

 

 

それから数週間後、Sからまた連絡が来た。

 

「今、近所にいるんだよね。今から会えない?お土産買ってきたんだよ」とメールが来たけど、無視した。

 

 

その後も何度も何度もメールが届く。

 

「君のアパート見つけたよ」

 

「○○棟の○階の○○号室でしょ?」

 

何故知ってるのか、見張られてるのか、恐怖で

 

その後、引っ越しした。

 

 

 

 後悔

 

しても仕方ない。自業自得。

 

 

 ネットで会う時(会おうとしている方)、気を付けてください。

 

何が起こるか分かりません。

 

 

ちなみに、【CASE1】の最後でこの記事の予告に書いた「アレ」とは「太った人」です。Sはかなりの巨漢でした。そういう人が近くに居るだけで今でも吐き気をもよおします。もうほんとトラウマなんだな、と感じます。

 

 

次回の【CASE3】は、あの男がまた帰ってきます(笑)の巻。

 

お楽しみに~

 

スポンサーリンク

 

他にこんな記事も書いてます。