難病女子の心の裏側日記

心の裏側全部出します。人生悩むこといっぱい!でも楽しいこともいっぱい!

「ほんとにあった怖い話」18年分のまとめ【夏の特別編 etc...編】

こんばんは、木ノ下コノキです。

 

「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017」、18年間に渡るこの番組が今夜9時から放送されますね ♪(現在放送中 笑)

f:id:kinoshitakonoki:20170819193709j:plain

www.fujitv.co.jp

 

今夜は、放送にあたって、この18年の間に放送された「夏の特別編」「冬の特別編」「15周年SP」などスペシャル番組として放送されたものをまとめてみました。

 

特別編


일드 ほんとにあった怖い話 特別編최종이후 특별편 2004 04 03放送

 「黄泉の森」

「影の同調」全話収録

夏の特別編2005


38 【心霊】ほんとにあった怖い話 夏の特別編2005 「心霊写真」「黒髪の女」「格安物件」「死神」下ヨシ子 2005 08 23

「黒髪の女」

「格安物件」全話収録

 

 夏の特別編2006


여름 특별편 일부 편집 ほんとにあった怖い話 夏の特別編2006 호리키타 마키

「6番の部屋」

「そこにいる!」

「病棟のぬいぐるみ」全話収録

 

夏の特別編2007

「私を呼ぶのは...?」

「霊の通る家」

「幽惑ドライブ」

「真夜中の病棟」

 

夏の特別編2008


【閲覧注意】ほんとにあった怖い話「夏の特別篇 都市伝説 怖い話 2008 SP」①


【閲覧注意】ほんとにあった怖い話「夏の特別篇 2008 SP」②

「廃屋の螺旋」

「病室の住人」

「路上の思い」

「K町のマンション」

「着信履歴」全話収録

 

夏の特別編2009(10周年記念スペシャル)


032 ほんとにあった怖い話10周年記念スペシャル京都パワースポットツアー

「怨みの代償」

「かかし」

「憑く男」

「顔の道」

「心霊動画」全話収録

 

冬特別編2009(芸能界緊急浄霊SP)


174 ほんとにあった怖い話冬の特別編2009

「血ぬられた旅館」

「憑かれた山」全話収録

 

夏の特別編2010


本当にあった怖い話(あかずの間)     坂口憲二


本当にあった怖い話 「赤いイヤリングの怪」

「叫ぶ廃病院」

「レインコートの女」

死に神が来る夜」

 

夏の特別編2011

「深淵の迷子」

「同窓会の知らせ」

「奇怪な最終バス」

「悪夢の十三日」

「怒りのルビー」

 

夏の特別編2012

「右肩の女」

「或る夏の出来事」

「黒い病室」

「真夜中の列車」

「赤い爪」

 

夏の特別編2013

「女子高大パニック」

「影の暗示」

「Xホスピタル」

「蠢く人形」

「2階が怖い」

 

真夏の特別編15周年スペシャ


【閲覧注意】ほんとにあった怖い話 都市伝説 怖い話 「真夏の特別編15周年SP」 ①


【閲覧注意】ほんとにあった怖い話 都市伝説 怖い話 「真夏の特別編15周年SP」 ②

「犯人は誰だ」

タクシードライバーは語る」

「S銅山の女」

「腕をちょうだい」

「闇への視覚」

「さとるくん」

「誘いの森」全話収録

 

夏の特別編2015

「嵐の日の通報」

「黒い日常」

「どこまでも憑いてくる」

「閑却の社」

「つきあたりの家族」

「奇々怪々女子寮」

 

夏の特別編2016

www.dailymotion.com

「もう1人のエレベーター」

「夏の知らせ」のみ収録

「病棟に棲む五円玉」

「押し入れが怖い」

「誘う沼」

 

動画が見つかり次第、追記します。

 

スポンサーリンク

「ほんとにあった怖い話」18年分のまとめ 【第1シーズン編】

こんばんは、木ノ下コノキです。

 

今夜9時から、

「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017」が放送されますね。

f:id:kinoshitakonoki:20170819163816j:plain

 

この番組は昔から本当に好きで、毎回楽しんで観ています。

 

www.fujitv.co.jp

 

今日は、今夜放送分以前までをまとめてみました。

 ※全話がまだ揃ってないため、動画が見つかり次第追記アップしていきます。

 

第1シーズン #01    


54 정말로 있었던 무서운 이야기 ほんとにあった怖い 第01話

「廃屋の少女」

「死ねばよかったのに」

「深夜の鏡像」

「部屋に棲む者」

「夕暮れの迷子」全話収録

 

第1シーズン #02


일드 ほんとにあった怖い話 第02話

「さがしもの」

「見えない住人」

「最期の声」

「赤い服の女」全話収録

 

第1シーズン #03


일드 ほんとにあった怖い話 第03話

「踏切の怪」

「見知らぬ光景」

「本が招く幽霊」

「真夜中の奇蹟」全話収録

 

第1シーズン #04


일드 ほんとにあった怖い話 第04話

「病棟の夜」

「姉さん」

「のびる腕」

「最後の買い物」全話収録

 

第1シーズン #05


本当にあった怖い話 「うしろの女」

 

第1シーズン #06


일드 ほんとにあった怖い話 第06話

「横断歩道奇譚」

「真夜中の白い指」

「邪悪な影の正体は」

「深淵から」全話収録

 

第1シーズン #07


일드 ほんとにあった怖い話 第07話

「夜話の窓」

「近づく足音」

「二時四十五分の泣き声」

「二階が怖い」全話収録

 

第1シーズン #08

 

第1シーズン #09


일드 ほんとにあった怖い話 第09話

「行きずりの紊乱者」

「幻燈の下で」

「真夜中の珍客」

「供養の礼」全話収録

 

第1シーズン #10

 

第1シーズン #11

 

 

 途中で申し訳ないです。

 

見つかり次第アップしていきます。

 

これを探しながら、懐かしさもありますが、やっぱり怖い!!

 

今夜の「ほん怖」も楽しみですね♪

 

スポンサーリンク

 

「怖い話をしていると本当に集まって来るよ」な話。

こんばんは、木ノ下コノキです。

 

今夜は眠れないので、最近起きた出来事をお話します。

f:id:kinoshitakonoki:20170819003607j:plain

 

ここ最近、心霊写真やら映っちゃった系の心霊番組を観たり、

このブログでも心霊体験話を載せたりしていたからなのか...

 

毎日、この部屋に集まっているような気配を感じる。

 

前にツイッターにつぶやいたこれのように、マジなヤツだった。

 

 

ある体験話書いた夜には、ラップ音がうるさくて眠れなかったし、今は理由は分からないが眠れなくて、PC付けてこの記事書きだしたら急に米噛みをギュッと押されるような痛みがあるから、さらに眠れそうもない。

 

やめればいいのに、やめられない自分がいる。

 

 

で、「怖い話をしていると本当に集まって来るよ」な話だけど

他の記事でのコメントへの返信にも書いたが、怖い話をする場所には怖い現象が起きるのは本当だと思う。スタジオでの怪奇現象、多分、自分に気付いて欲しい霊たちが集まっているのだと思う。

 

普段、気付いて貰えてない、気配すら感じて貰えてない

だとすると、霊感の持った出演者がいるスタジオには、そりゃーもう大喜びで霊たちは集まってくるのではないか。

 

 

よく映っちゃった系の心霊番組を観ていて思うが

わざわざ心霊スポットなる場所に出向いて、録画して、その後何か良くないことが起きて、お祓いする、とかいうのあるが、まあ、ある意味自業自得というか、急にきて自分ちあらされて、勝手に録画されたらそりゃ怒るよね。霊たちも。

 

 

私は、怖がりな上ビビリなので、心霊スポットなんぞ行ったことはないが

普段でもこんなに色んなことがあるのに、わざわざ怖そうな場所になんて行きたくない。

 

 

なんだか呼吸がやばくなって来たので、

(これは、病気の仕業?霊たちの仕業?)

そろそろ書くのやめようと思います。

 

では、おやすみなさい。良い夢を♪

(悪夢だったらやだなー)

 

スポンサーリンク

「女子とは何歳までが女子なのだ?」な話。

 こんばんは、木ノ下コノキです。

 

先日、本の整理をしていたらこんな本が出てきたんですよ。

 

「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」(著者 ジェーン・スー)

 

f:id:kinoshitakonoki:20170818164252j:plain

 

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)

 

 

で、これ買った時って多分一番、女子って言葉を自分は使っちゃいけないような、そんな風に思っていた時期で(本は2014年に発売されています)、今でも女子という言葉にしっくり来ないでいる。

 

このブログのタイトルに「難病女子」と付けたのは、ただの何でもない女のブログと言うよりもどんな人がやっているか一発で分かるからだ。難病女子という言葉は存在するから。

 

だが、このブログを初めてからずっと「女子って年齢でも無いだろw」って自分にツッコミを入れている(笑)だからと言って他に思いつかないまま今に至る。

 

 

だがこの本には、

女子とは、何かにときめいていたり、「可愛い!」と思えるものがあったり、女友達と他愛ない話で盛り上がったり、夕日を見て涙をこぼしたり、幼少から死ぬまでの女の心に宿る嗜好性、指向性、志向性と書かれている。

 

要するに、

「30代、40代、50代、60代、70代になろうとも女子は女子なのだ。」

 

女の心を忘れずに楽しく生きていれば、女は女子と語っていいのだ。

 

 

ただ、ふとね思ったのですよ。

 

さっきフリー素材屋さんで「女子」検索でこんな写真見つけて

f:id:kinoshitakonoki:20170818172741j:plain

「この写真のような格好出来ないな」って。

 

こんなでっかいリボン付けてる30代以上見たくないですよ、誰も。

 

私、全然あり!出来る!って人も居るかも知れないけど、それはかなり痛い。

 

まあ、思うのは人それぞれだから、やりたきゃ勝手にやればいい。

 

正直どうなのでしょうね。

 

 

「女子は何歳までが女子なのか」この問題が解決するのはいつの日か...。

 

 

誰にも分かるまい。

 

スポンサーリンク

「夜中に部屋を歩き回る兵隊」の話。

こんばんは、木ノ下コノキです。

 

今夜は、私ではなく兄の体験談です。

普段、霊感など全くない兄ですが、この日初めて恐ろしい体験をしたそうです。

 

f:id:kinoshitakonoki:20170817211832j:plain

 

 

夜眠っていると、何かの物音で目を覚ました。

 

ざっざっざっざっ...と何か、音がする。

 

な...なんだ?

 

そう思ってる矢先に突然の金縛り。

 

初めての体験にパニックになる。

 

だが、何も出来ない。

 

すると今度は、人の足(腰から下)が見えた。

 

それも、十数人と。

 

自分の周りを歩いている。

 

徐々に全身が見えてくる。

 

よく見るとそれは兵隊の格好をしていた。

 

今まで、一方方向に歩いていた兵隊の動きが変わり、自分の上半身に向かって歩いてきた。

 

踏まれる!

 

胸にドスンと足を降ろされ、「ウッ」と呻きが漏れるも何も出来ない。

 

十数人の兵隊の片方の足が何度も何度も降ろされ、強い痛みが走る。

 

そのうち、気を失ってしまい朝になる。

 

苦しさがまだある。

 

痛みもある。

 

気になってTシャツを脱いでみると胸には、くっきりと靴の跡が...。

 

 

夢じゃなかったんだ。

 

 

後日、兄が両親に話してみるとこんな話をされた。

 

実家のこの家が建つ前は病院があり、戦死した兵士たちの死体置き場となっていた、と。

 

今、病院は縮小され、すぐ近所に建っているが、ここら辺一帯はすべて病院だったと。

 

 

近くには自衛隊駐屯地もあるので、話が生々しくて私も怖くなった。

 

 

おわり。

 

スポンサーリンク

「背中のお肉取るのにはやっぱり雑巾がけだよね」な話。

こんにちは、木ノ下コノキです。

 

私はもともと健康オタクで、美容マニア。お金を掛けないでどれだけ引き締まった体を作って行けるか、を常に実践していました。

 

 

ですが、今の病気になって運動や筋トレ、それどころか歩くことすらままならなくなり、ほぼ寝たきり、体調が良い時でもPCの前に座りっぱなしな生活を送ってきたら、あれよあれよとお腹周り、背中にお肉が付いてきて...かなり見た目にヤバくなって落ち込んでいました(´;ω;`)

 

 

ですが、昨日体重計に乗ったら2kg減ってる!!

それに「あれ?背中のお肉減ってる?引き締まった?」な状況。

 

 

何かしたっけかなーと考えたら、1ヶ月前に1階から2階にお引っ越ししたんですよ。体調が安定してきたかな~と思った時に。

 

 

2階の部屋だと、毎日階段使うし、しかも手すりが私の命綱の役目果たしてるやら、ガッチリ掴んで、まるで登山しているかのような登り。腕の筋肉と足の筋肉が同時に使えてかなり(今までよりは)運動していると思います。

 

で、他に何か...と考えていたら、最近雑巾がけをよくするんです。

         f:id:kinoshitakonoki:20170816115402j:plain

 

今まで動けなかったから気になっても掃除が出来なかったけど、動けている最近では2階の自分の部屋から始まり、廊下、クローゼット、トイレ、洗面所周り、階段、と汗びっしょりになりながらの雑巾がけ。

 

一人暮らししてるときもよくやっていたけど、これって背中とか二の腕とかにほんと効くんですよ。

 

仕事でも、掃除大好きだったなー。気分もスッキリするし、体もスッキリする。

皆嫌がってやらないから、やるとこ沢山でよく店長と二人でめちゃくちゃ磨いてから帰ったっけ。店長は掃除マニア(笑)懐かしい。

 

思い出に浸る...。

 

 

これで、立っててふらつかなければ、見上げてクラクラしなければやりたい所、沢山ある。気になるけど、これはまだやらないようにしよう。

 

今回、

立っていなければ、結構動けるじゃん!と感動したので

これからも雑巾がけは続けよう。

 

いい運動になる。

 

スポンサーリンク

「天井に浮かぶ不思議な顔」の話。

こんにちは、木ノ下コノキです。

 

今日は、高校生の時の不思議な体験について話をしたいと思います。

 

f:id:kinoshitakonoki:20170815095546j:plain

高校入学した年の夏の日のことでした。

 

仲良くなった一人の友達の家に7人で泊まりに行きました。

その夜は夜更かしして皆とお喋り。

 

クラスの話、恋バナに花を咲かせている中、私ひとり急な眠気に襲われ

 

「先に寝る」と一つのベッドを借り、横になりました。

 

しかし、あんなに眠いはずだったのに、眠れません。

 

それどころか、妙に頭が冴えています。

 

と同時に突然の金縛り。

 

誰かに言いたくても、体も動かなければ声も出ません。

 

皆が近くで喋っているのが見えるのに、誰の声も聞こえません。

 

ふと気配を感じ真上(天井)を見ると、そこには歳は50歳くらいでしょうか、超特大なおじさんの顔が...。

 

なんだかものすごく悲しそうな顔をしています。

 

怖いというよりは、この人誰だろう。なぜそんなに悲しそうなの?て気になっていました。

 

その後、おじさんはフッと消え、金縛りも解けました。

 

あれからどれくらい時間が経っていたのか分かりませんが、気付いたら他の皆も眠っていました。

 

その後、その家の友達にだけその話(おじさんの特徴など詳細も交えて)をしたら、後日、友達からこんな話を聞きました。

 

友達の伯父さん(母の兄)が亡くなった、と。

 

私の見たその時間くらいだそうです。

 

私の眠っていた場所は普段、友達の母親の使っていたベッド。

 

「もしかしたら、お母さんに挨拶に来たのかな?」って言っていました。

 

伝えに来たら私が寝てて、ゴメンナサイ。。。

 

スポンサーリンク